WBC

Index ~作品もくじ~


スポンサーサイト

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC



WBCで日本代表が連覇を達成してからまもなく1カ月…
日米とも公式戦の真っ最中ですが、WBCの“後遺症”に苦しむ侍ジャパンのメンバーが多いそうです

負傷による戦線離脱者も出る選手のほか、出場できても疲労が抜けきらず、体調面で苦労を抱えながらプレーしている選手もいるみたいです

早く元気になってもらいたいです

スポンサーサイト

ベストナイン

WBC


WBC2009ベストナインの結果は次の通り

投手 松坂大輔(日本=レッドソックス)奉重根(韓国)岩隈久志(日本=楽天)
捕手 イバン・ロドリゲス(プエルトリコ)
一塁手 金泰均(韓国)
二塁手 ホセ・ロペス(ベネズエラ)
遊撃手 ジミー・ロリンズ(米国)
三塁手 李机浩(韓国)
外野手 フレデリク・セペダ(キューバ)青木宣親(日本=ヤクルト)ヨアニス・セスペデス(キューバ)
指名打者 金賢洙(韓国)


青木がMVPには選ばれなくても、やはりベストナインには選ばれてました
そりゃ打ってたし

岩隈も素晴らしい投球だったので、選ばれて当然です笑

準優勝の韓国からは4人も選ばれてました
でも、うまかったんで…仕方ないです


うちが惚れてしまった選手は、結局誰なのかよくわからず…
背番号見とけばよかった
てか韓国戦はどれも録画していなかった…
まさかの痛恨ミス


そしてちょっと予感はしてたけど、藤川球児が代表引退を示唆しています

4年後のWBCに向けて「ダルビッシュや新しい世代が出てきた。だから僕の出る幕はもうないでしょう。もし仮に選ばれたとしても、“イエス”とは言えないかもしれない」と言っています

準決勝、決勝とダルビッシュが守護神に指名されていたんで、うちも世代交代かなとは思ってたんですけど…
阪神ファンとして、球児の姿を最後に見たかったです
まあでもまだ正式に引退するとは表明してないんで、ファンとしても諦めませんけど
それに虎の守護神としてシーズンを戦い抜いてもらわないと、困るんで笑

記念撮影後

WBC



金メダル、トロフィーを受け取り、記念撮影をする侍ジャパン…

その後内川が横浜の先輩村田のユニフォームを、輝く純銀のトロフィーの上にのせました

「村田さんがいたことを日本のみなさんに知ってほしかった」
と内川は言ってましたが、村田選手がいたことも、村田選手が活躍したことも、村田選手が頑張ってたことも、日本のみんなは知ってます
先輩想いの内川選手、1塁に向かう姿だけでなくやっぱかっこいいです笑


そして終わった後のイチロー談
ありがとうございます。いやーもう、苦しいところから始まって、苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった。最後は笑顔になれた。最後の打席では神が降りてきましたね。自分(の心の中)で実況しながら打席に入った。一つ壁を越えた。
(「今大会は山あり谷ありでしたが」と質問され)谷しかなかった。最後に山が来ました。これからシャンパンファイト、思いっきり浴びてきます。

ほんとイチローはイチローです
最後の最後でちゃんと決めてくれます


侍JAPANありがとう

WBC日本2連覇◇◆

WBC



侍JAPAN優勝おめでとうキラキラ

今日は韓国との第5戦目
まさか決勝がアジア同士なんて、全く始まる前は予想していなかったのですが…
オリンピックでは韓国が優勝したし、アジアは強くなってきてます笑

結果は延長10回の末で勝ちました


日本は初回、2回とチャンスを作りましたが得点できず…
しかし3回、先頭の中島が遊撃内野安打で出塁
続く青木も二失で出塁し無死一とし二塁に
城島が三ゴロに倒れ一死一、三塁となり続く5番小笠原がしぶとく右前適時打を放ち日本が先制しました

しかし5回に韓国5番:秋信守が中越え本塁打を打ち、試合は振り出しに戻ります

そして7回は先頭の片岡が左前打で、イチローが絶妙なバント安打で無死一、三塁
このチャンスに中島が勝ち越しとなる左前打を放りました

8回表には一死から内川が右前打、稲葉が二塁打で続き、岩村の犠飛で貴重な1点を追加しました
しかし8回裏、韓国の攻撃で、中犠飛により点差を1点差に縮めます

9回表、イチローの二塁打と中島の二直、青木の敬遠により1死一、二塁としましたが城島の中飛、小笠原の空振り三振により追加点ならず
九回裏、ピッチャー杉内ダルビッシュに代わりましたが、四球で走者を二人出し、6番:李机浩の左前適時打により一点返されの同点

どうしても追加点がほしい延長10回
先頭の内川が右前打、稲葉が送りバントを決め、岩村が左安打で一死一、三塁
ここで二死からイチローが中前に2点適時打を放ち勝ち越ししました
その後中島が四球で二死一、三塁とし、青木が敬遠で満塁のチャンスに、城島の見逃し三振で終わりました

10回裏、8番:姜ミン鎬を四球で無死一塁に出塁させましたが9番:崔延を空振り三振
1番:李容圭を中飛、2番:鄭根宇を空振り三振しとめて試合終了となりました

先発岩隈は序盤3回をと打者9人で完璧に抑える素晴らしい立ち上がりでした
5回と8回に1点ずつ失うも97球、7回2/3を4安打6三振2四球2失点と先発の大役を果たしました
2番手には杉内が登板で、落ち着いた投球で好投キラキラ


7回からの試合時間が長くて、計4時間の試合でした笑
でも7回からものすごくおもしろくて、手に汗握る試合でした笑顔☆

優勝が決まった瞬間は、7組だけ教室内からものすごい歓声があがりました↑
うちも、やばかったです笑ほほえみ
ほんとに日本が世界一王冠になってくれて、嬉しいです

ちなみにMVPは予想の青木ではなく、まさかの松坂でした
でもめっちゃ頑張ってくれたし、ほんまおめでとう
こちらも前回に引き続きの二連続です


今日はなかなか興奮が治まらないです笑

明日からは高校野球に応援を注ぎます笑

vsアメリカ

WBC



勝ちましたわはは

最初はどうなるかと思いましたが、終わってみれば

松坂は、先頭打者HRを含む5回2失点のまずまずの内容でしたが、今日は打線の援護が良かったみたいです
特に4回の5点はかなり大きかったです

稲葉、小笠原が打って1,2塁としたところで福留が2ゴロにするも二塁手がボールをはじきその間に稲葉が生還
無死1,3塁とし城島が右犠飛で1点追加
1死1塁とし岩村の3塁打で1点追加
1死3塁とし川崎のヒットで1点追加
イチローが3ゴロで倒れて2死2塁としても、中島のヒットで1点追加

ほんと何度見ても楽しいです笑

イチローは最後の最後(8回)で、地面すれすれのボール(内角低めスライダー)を打ち、中島が2塁打を打って、この回3点追加しました

そして今日はムネリン(川崎)が村田の戦線離脱のためスタメン出場でした
4打数2安打1打点の活躍

2番手杉内、3番手まあくんが好投し、4番手馬原も2失点しましたが頑張ってましたほほえみ
そして5番手ダルビッシュ!
最後の打者を見逃し三振に仕留めた姿は、超かっこよかったですheart

ほんと録画しといてよかった!!
永久保存版です笑

さっきは早送りでちゃちゃーっと見たので、これからじっくり見ようと思います笑顔☆

MENU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。